姿勢のお話

体の歪みは美容の敵

体の歪みは美容の敵です。普段何気なく生活をしていても、体は偏りを持つことがあります。体の偏りとは何か?それは人間は背骨を中心として左右対称にできています(内臓を除く)。ただ、人間は右利きや左利きがあるようにどちらかに偏ってしまう事があります。まずは姿勢。座っているとしっかりと腰を掛けて背筋を伸ばしているのが理想ですが、気が付くとどちらかに傾いていたり、足を組んだりしてしまう事があります。その場合、左右対称とはならず体がゆがんできます。よく骨盤矯正なるものを目にしたり聞いたりしますが、それも普段の歪みが影響しているものです。次に歩き方。普段何気なく歩いていても、靴の減り方がどちらかに偏っているなんて事を経験した事はありませんか?歩く時に右側のキックが強い、又は体が右に傾いている場合は靴のヘリもある程度差が出てくるでしょう。差がでてくると、体の歪みにつながっていきますので矯正した方が良いでしょう。体にはバランスが大事とは言われますが、普段何気なく生活をしている中でも積み重ねによって歪みが出てくることを考えると、定期的に整体などで体のメンテナンスをすることをお勧めします。きっと美容にもつながっていくはずです。