お肌の老化と栄養バランス

お肌の老化は栄養バランスで補える!

お肌の老化の原因は活性酸素の蓄積や、糖化など様々な事が影響すると言われています。また、このような悪影響を及ぼす物質は単にお肌の老化だけではなく蓄積していくと病気に発展するケースもあります。このような悪影響を及ぼす物質は何が悪いのか?を整理してみました。

糖化

糖化と聞くと、お砂糖のようなイメージをしますよね。ただ、この糖化はお肌へはかなり悪影響を及ぼします。糖化とはその名の通り糖分とタンパク質が結びついて同化物質に変化する事を言います。この糖化はなぜおきるのか?タンパク質自体は牛乳や、トリ肉などで摂取しても健康への害はなく逆に筋肉を作り出す物質なので健康的と言えます。ただ、これに糖分が入ってくるとダメです。糖分とタンパク質が融合して糖化現象を起こします。糖化はお肌への影響もあり、美容には大敵です。そのため、美容観点からも糖分を多く摂取する事はお勧めできません。ダイエットなどでも糖質を抜くダイエットが流行していますが、炭水化物も体内に吸収された場合は糖質に変化するので気をつけるべきポイントです。

活性酸素

活性酸素は老化の原因と言われています。活性酸素は呼吸で取り入れた酸素の一部が変化して活性酸素になると言われています。この活性酸素は体内では重要な役目を持っており不必要なウィルスを退治してくれます。ただ、増えすぎてしまうと悪影響を及ぼします。老化は酸化と言われているように参加してしまうとお肌はハリや潤いがなくなります。このように活性酸素が増えてしまい、お肌の細胞を攻撃してしまう事でお肌が参加し老化に繋がっていきます。

糖化と活性酸素。
美容のためには意識をしておきたいポイントです。他にも様々が要素があると言われていますが糖化は食事によってコントロールが可能です。食事によってコントロールできる部分は糖質を抑える事なので普段から意識をしておくと良いですね。次に酸化に関してはビタミンCyaEなどの栄養素をとると良いと言われています。抗酸化作用のある栄養素を摂取する事で、酸化を防いでくれます。具体的な食品では果物や野菜、豆類などが抗酸化作用があると言われています。

美容と言っても表面上から美容液などをぬるだけではなく、体内から正常化させてあげる事が最も重要です。体内の栄養素バランスが優れているとお肌表面にも良い影響が表れてきます。短期間ではなく、毎日意識をし続ける事が必要ですね。